スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々雑記(ダークソウルや最近買った本など)

どうも皆さんこんばんわ梅ですヽ(*'ω')ノ


最近はTERAにかかりっきりだったので、
久し振りのそれ以外の趣味日記どえす(o´□`)o


まずは、PSO2のαテストが明日からだそうですね。
8月いっぱいはαテストみたいだから、
βテストは早くても9月以降かな。
風の噂では正式オープンは冬頃という話もあるようです。

自分はTERA4ヵ月分課金がすでにしてあるのと、
9月下旬にはダークソウル発売されるので、
冬くらいの時期がありがたいですねぇ。


そうそう、その9月15日から1週間発売が延びて
22日発売になったダークソウルですが、
最新PVと最新情報がきてました。





『ダークソウル』のキャラクターメイク画像が相変わらずな件


いやーこれはまたテンション上がりますなー(o´□`)o
職業は前回に比べると少し分かりやすく区分された感じかな。
でも個人的に前回大好きだった
貴族がなくなってるのにしょんぼり(´・ω・`)
今回も1stは魔法剣士的なキャラでいきたいなー。


そしてやはり気になる職業は持たざる者ですね。
まるでFFのすっぴんの如く服までもすっぴん状態。
さらに気になるのは説明文のこの部分

>・初期能力は他より高いので、理論的には最強のステータスになり得る

ダークはデモンズと同じくステータスは自由に割り振れるはずなので、
初期能力が低ければ、理論的に最強のステータスになり得る。
(前回の神殿騎士や貴族みたいに余分なステ振りがしてない状態のこと)
というのなら分かるんですが、
初期能力が高くて、さらに最強のステータスになれるって所が謎ですね。
うーん、開始レベルは全職業Lv1からスタートで
初期ステータスが各自違うってことなのかな?
もしそうなら、前回に比べ今回は初期の職業選びがかなり重要になりそうです。
まぁこの辺の謎は発売されてからのお楽しみですかね。
間違いなく縛りプレイの筆頭はこの持たざる者になりそうですなw



続きにて最近買った本や読んだ本の感想など。



20110818最近買ったラノベ

20110818最近買った文庫

20110818最近買ったハードカバー


「ソードアート・オンライン8 アーリーアンドレイト」 川原礫 電撃文庫

「魔法科高校の劣等生2 入学編下」 佐島勤 電撃文庫

「虐殺器官」 伊藤計劃 ハヤカワ文庫

「ハーモニー」 伊藤計劃 ハヤカワ文庫

「ダークゾーン」 貴志祐介 祥伝社

「エデン」 近藤史恵 新潮社


最後のエデンは兄からの借り物で、それ以外は自分で購入。


というわけで、順番に補足。



まずはSAOの新刊。

読了評価[★★★☆☆]

前回のマザーズロザリオでは不覚にも号泣してしまいましたが、
今回は短編集ということで、過去のお話がメインでした。

SAO中期のキリトとアスナがまだそこまで仲良くなかった時期の話と
時系列的には最新のALOでのエクスキャリバー入手クエストの話と、
そして最後にSAO初期のキリトが最初の街から出て行ったすぐ後の話。
の三つのお話でした。

まぁ短編集ということでそこまで盛り上がり所があるわけではないので、
評価も星三つ止まりでしたが、
やはりSAOは安定して面白いなーと再確認出来ました。
あそこまで広大な世界観と設定をうまく話の中に活かすのは
さすがMMO大好きな川原さんだなーと思いました。

キャリバー回はシノンがGGO時代の根暗キャラから
ALOではクールキャラに昇華してて面白かった。
まさにシノンさんかっけぇー!!となるお話でした。



続きまして魔法科高校の劣等生2。

読了評価[★★☆☆☆]

前回からわずか2ヶ月後の新刊。内容は1巻の入学編の下巻。
1巻ではベタ褒めだった劣等生ですが、
今回は個人的にちと盛り下がった感じでした。
せっかくの良い世界観や設定がなんとも活かしきれてない。
まぁまだお話の導入部分なのでしょうがない部分もあるんでしょうけど。
個人的には主人公の力の秘密、妹との仲の理由辺りの話を期待していたんですが、
その辺の話はまだまだお預けな感じみたいですね(´・ω・`)

とにかく2巻で読んでて気になった部分は、
まだ登場人物それぞれがキャラ確立する前にをむやみに増やしすぎ、
ラノベによくある教師がまったく出てこず、
生徒会や委員会だけで学校を運営してるか如くのご都合主義、
2巻でのメイン人物となる人が実は○○れてましたーという投げやりな結末。

この辺がどうにももったいないなーと思わざるを得ない。
せっかくの学園物なのに最初のお話でいきなり外部の人間が介入してくる展開も、
個人的にはちょっと違うかなーと思った次第であります。
まだまだ面白くなる要素は沢山あるので、今後に期待したいところですな。



続いて文庫本2冊。
友人から勧められたSF小説「虐殺器官」と「ハーモニー」。
まだ読んだのは虐殺器官の方だけなんですが。
もうね、感想が「すごい」としか出てこない。
自分の陳腐な言葉じゃ表せないほど、
まさに言葉にならないくらいすごいSF小説です。
こんなSFが書ける日本人がいたんだなーと感嘆しました。
しかしすでにこの作者さんは2009年にお亡くなりになってるそうで、
虐殺器官の巻末に書かれている解説には
その短い小説家の半生がいかに壮絶だったかを感じ取ることができます。

とにかく自分の拙い頭や言葉じゃこの作品のすごさを説明しきれません。
様々な方に一度は目を通して欲しい作品だと思いました。



最後に久し振りに買ったハードカバーの「ダークゾーン」。
貴志祐介さんは一般的に有名な「黒い家」や「青の炎」より、
「クリムゾンの迷宮」が大大大好きだったりします。
今回のこのダークゾーンは
軍艦島を舞台とした将棋を模したゲームで戦わされるという物で、
すでに設定からして自分の大好きな匂いがプンプンであります。
ちょっと前に配信されてたトロステーションでの宣伝も面白かったのもあって
久し振りにハードカバー買ってしまいました。
まだ読み始めたばかりですが、そのうち一気に読もうと思います。



もうひとつのハードカバーはロードレーサーを題材とした小説。
「サクリファイス」の続編に当たる「エデン」。
これはロードバイク大好きな兄からの借り物です。
サクリファイスはただのスポーツ小説かと思いきや、
ロードレースとミステリーをうまい具合に合わせた実に面白い作品です。
エデンの方はまだ読んでないので、これもまたそのうち読もうと思います。



コメントの投稿

非公開コメント

SS等の著作権物利用について

PSO2著作物利用について
スクリーンショット等はSEGAの著作物です。
著作物利用ガイドラインに基づいて使用しております。
(C)SEGA
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

このページ内における「ラグナロクオンライン」から
転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と
開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(C)Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
検索フォーム
カウンター
プロフィール

梅(うめ)

Author:梅(うめ)
RO
元odin鯖
現Hervor鯖
Lv146AGI修羅
現在休止中。

TERA
元々セレン鯖
元ヴェリック鯖
現エリーヌ鯖
Lv65アチャ,バサ
Lv60プリ
Lv58スレ,サラ
現在休止中。

PSO2
3シップ
Lv70Hu&Fi&Ra&Gu&Br
Lv60Fo&Te
現在低接続で活動中。

ブレイドアンドソウル
牡丹鯖渾天教
リン族召喚士
現在休止中。

日記の主な内容は
現在メインでやっている
ゲームの日記
と、たまにラノベ&
コミック&アニメ感想日記
になります。

ネトゲ歴は
RO
CABAL
PSU
MHF
ラテール
AION
ドラゴンネスト
聖境伝説
TERA
PSO2
Blade&Soul

色々周っているけど、
なんだかんだで
ROが一番好きでした。

Since.2006.05.07

カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。